寝返り ~あなたは正しく出来ていますか?~

寝返り ~あなたは正しく出来ていますか?~

人間は一晩でおおよそ10回から30回もの「寝返り」をしていると言われています。

実は、睡眠は休息であると同時に、人間の体重の約半分を占める「筋肉」にとっては、「動かされないストレス」を感じる時間帯です。

その筋肉のストレスを軽減するためのカラダ本来の機能こそ「寝返り」です。やわらかすぎる寝具を卒業しましょう。

仰向けと横向きそれぞれで「安定感」と「動きやすさ」があれば、無意識でも正しい寝返りが打てるようになります。

「寝返り」について正しく理解しておけば、朝の目覚めのスッキリ感間違いなし!

人間は一晩でおおよそ10回から30回もの「寝返り」をしていると言われています。そして、その大半は無意識で行われているので、自分では寝返りの状況はあまりよく分からないものです。そんな寝返りの意味って考えたことありますか?

「せっかくの休日の朝、寝すぎたせいでカラダのあちこちが痛い。」そんな経験がある方は多いはず。実は、睡眠は休息であると同時に、人間の体重の約半分を占める「筋肉」にとっては、「動かされないストレス」を感じる時間帯です。動かされていない間に、筋肉は血行不良に陥ってしまうのです。

その筋肉のストレスを軽減するためのカラダ本来の機能こそ「寝返り」です。寝返りは積極的に行った方が良いのです。そして正しい寝返りをするために、カイロプラクティックからのアドバイス。やわらかすぎる寝具を卒業しましょう。

枕もマットレスも、やわらかすぎると自分の重さでくぼみができます。その自分のくぼみにハマり込んでしまうと、大切な寝返り動作を無意識にあきらめてしまっているケースがあります。寝具を選ぶ際は「固さと形状」にこだわりましょう。仰向けと横向きそれぞれで「安定感」と「動きやすさ」があれば、無意識でも正しい寝返りが打てるようになります。